Skip to content

代替医療である鍼灸による治療法

鍼灸は整体や気功などの東洋医学に属します。内臓含めてあらゆる部位に関してじんわりと健康な状態に戻すことを主眼としている医療なので、手術のような切ったり貼ったりの特効的な効果はありません。風邪をひいたら、市販の風邪薬をのむことが簡便ですが、鍼灸によって風邪を治すこともできます。ただ、一般的に自分で鍼灸はできないので、西洋医学では治しきれないものに対する分野である整形外科で出される湿布薬を、貼っていても治らないという症状で通うことが多いはずです。
医療の考え方が対処療法である西洋医学に対して、東洋医学は病の元を治す治療法です。東洋医学は体の中をめぐっている「気」を扱います。経絡という気のめぐる道の要であるツボの位置を学習した鍼灸院の先生が、そのツボに鍼なりお灸なりをして血行をよくし炎症を緩和させていきます。ただ、そのとき、外からのショックで内部的にゆがんだ筋肉の補正をマッサージで戻しながら鍼灸を併用し治癒力を高めながら治します。根本的に治すので季節によって再び痛み出したりしない治療法です。